写真集トップページへ   
写 真 集 
2010年6月 
 6月5日
今日は大勢集まって新梢の剪定作業をしました。
大勢集まると仕事も休憩も楽しいです。
剪定をすると上から入る日光が増え明るくなりました。
ビューポイント(園の前)から見える武尊山
さくらんぼの実が色づき始めました。
   


 6月10日
早生種がここまで色づいてきました 


 6月12日



 残念ながら今日は曇りだったので山の景色は良く見えませんでしたが、桜桃園の前には広大な高原畑が広がり、とても気持ちが良いです。
今日は、また剪定作業を行いました。
仕事も休憩も楽しく。





 桜桃園には色んな種類のサクランボが植わっています。種類や園内の位置、枝によって成熟する時期に差があります。
 まだ緑色のものから赤く色づいたものまでサクランボの色のグラデーションをご覧下さい。 
こんなに赤くてピカピカしたサクランボは宝石みたい。
また、こんなに大きなさくらんぼもありますよ。
枝全体の実のつき方はこんな感じです。


 6月17日(木)
 開園(6月19日)に先立って、横浜市立岡村小学校とのサクランボ交流会を行いました。
 この行事は毎年恒例となり、今年で5回目です。
 5年生の生徒さん達66名と引率の先生方8名、合計74名をお迎えしました。
 子供達の元気が雨雲を吹き飛ばしてくれたのでしょう。とても良いお天気に恵まれました。
 桜桃園でサクランボ狩りを楽しんで頂いた後、横浜少年自然の家赤城林間学校に2泊。
 林間学校ではキャンプファイヤーやナイトウォークなどを楽しまれました。


 6月19日(土)
当初の予定(13日)から6日間遅らせて19日午前9時に開園しました。 
 前夜から降っていた雨が朝には止み、次第に雲が切れて武尊山や谷川岳がくっきり姿を現してきました。
 キャバリアのノンちゃんが開園の応援に駆けつけてくれました。
 さくらんぼ大福用のさくらんぼとあん玉が女性スタッフ達により着々と準備されていました。


 一番乗りのお客様達です。
 横浜からいらして下さいました。
 なんと、朝の5時に出発されて早々に到着し、開園前からお待ち下さっていました。
 「ルビーのようにきれいで、甘くて美味しかったぁ」と嬉しい感想を頂きました。
 「また来年も来た~い」とおっしゃって頂いたのが何よりです。
 サクランボ狩りと餅つき、さくらんぼ大福を楽しんで頂き、その後は温泉に行かれるそうです。
観光バスで団体さんも到着しました。
 10時頃には駐車エリアがほぼいっぱいになってしまいました。
 餅つきが始まりました。すると子供達から「やりたい、やりたい」との声が。
さながら、チビっ子餅つき大会のよう。
子供だけでなく大人の女性も。
 一番乗り組の女性も。若くてきれいなのに、とっても力持ち。
つやつやのお餅がつき上がりました。
粉をまぶして1個分ずつちぎって延ばします。
 お客様ご自身がお餅でサクランボとあんを包みます。
 上手に美味しそうな大福ができて思わず笑みが、、
 おばあちゃまとお孫さんが楽しそうにサクランボ大福を作っていました。
これが完成したサクランボ大福です。
 餅つきが終わり一波引きましたが、お客様は途切れずにいらっしゃいました。高崎からいらしたステキなファミリー。
 餅つき第二弾の始まりです。会長も餅つきにハッスル!
 お昼時にも途切れずにお客様がいらっしゃいました。
みんなでニッコリ笑ってピース!
   午後も餅つきを行いました。
   「あ~楽しかったぁ」と言って帰って行かれたお客様を見てとっても嬉しくなりました。
   これから閉園まで皆様に喜んで頂けるよう、スタッフ一同頑張ります。 


 6月20日(日)
 モーターパラグライダーから撮影してもらった写真です。
 大きなビニールハウスの屋根が桜桃園です。
 ご覧の通り、桜桃園の周りはこんもりした森や広大な高原畑に囲まれており、その周りには武尊山や谷川岳があります。さくらんぼ狩りの時期は梅雨と重なり、お天気が良くない場合は山の景色が良く見えないことがありますが、それでもこのように大自然を満喫して頂くことができます。


 6月26日(土)
今日は曇り空でしたが、少し霞んでいたものの山が比較的明瞭に見えました。
 6年間毎年ご来園頂いているご家族です。「ここは良いねぇ。サクランボも美味しいけど、景色がすごく良い!」とお父さんが素敵な笑顔でおっしゃって下さいました。ぜひ、来年もいらして下さいね。
   男性1人と若い女性3人のグループ。
   3人姉妹でしょうか。
 楽しそうにサクランボ狩りをされているお客様を見ると本当に嬉しいです。
 お子様連れのご家族。お母さんの笑顔がサクランボのようにピカピカで美しいです。
    10時頃の受付の様子。
    続々とお客様がいらっしゃいました。
   ミニーちゃんのTシャツが似合っててとっても
   可愛い女の子
若々しいマダムのグループもいらっしゃいましたよ。
まだまだお客様が続きます。
駐車場も大分埋まってきました。
パック詰め作業の様子です。
園内の様子です。
親指よりも大きなサクランボ。
色づきが進んでピカピカのサクランボ。
あと少しで食べ頃。
 まだ黄色いサクランボもありますよ。
 桜桃園には色んな種類のサクランボの木が植わっているので、木によって熟す時期が異なります。それにより開園からおよそ1ヶ月くらいの間(天候によって異なります)、サクランボ狩りを楽しんで頂くことができます。
 園内を歩きながら色んな味をお楽しみ下さい。


 6月27日(日)
開園から1週間が経ち、さくらんぼの色づきが進みました。 
 赤城高原農業観光協会主催の餅つきイベントが行われました。
 やっぱり餅つきの主役はちびっ子たち。
 子供達が元気についてくれたおかげでツルツルのお餅がつき上がりました。
たくさんの方々にサクランボ狩りを楽しんで頂きました。
 小さいお子様でも手が届くところにサクランボがなっています。ボク、大きくて赤くて美味しそうなサクランボを選んでくれましたね。
赤ちゃんにも食べてもらいました。
 続々とお客様にご来園頂き、この日は午後3時くらいまで駐車スペースが満杯でした。

         
写真集トップページへ